ぎゃるる人気記事ランキング

  1. 【動画あり】ぎゃるるでは出来ないブサイクな俺がエロく接した結果
  2. ぎゃるるで釣りにあった最悪だ!
  3. ぎゃるるで童貞を売ってみた結果
  4. 童貞をもらってくれるというので会って来ました。
  5. ぎゃるるのアカウントが凍結する事例

ぎゃるるが悪用されています。

出会えるアプリぎゃるるもやはり悪用する人が多いようです。

こんな事件がありました!

 ギャルルアプリできっかけにした児童買春の被害が広がりつつあるようです。

 

g1

 

 

g2

 

 

全地球測位システム(GPS)の情報をもとに、近くにいる人と
交流できるアプリを悪用して買春をしたとして、 愛知県警はこのほど、男2人を逮捕した。

 

 

見知らぬ人と手軽に出会える便利さが、様々な犯罪の手段になりかねない実態がうかんだ。
このアプリは無料で、年齢制限はない。はじめに性別、年齢、顔写真といった
利用者の情報を登録する。

 

 

GPS機能が働き、現在地の近い順に他の利用者の顔写真やコメントが画面に表示され、好みの人とチャットができる仕組みだ。
アプリの配信サイトは、このアプリを「近くのイケメンチャット!

 

婚活、ご近所友達作り、恋人探し、位置出会いに」と宣伝。
「ナンパ」を指南するサイトでも

「ナンパ師にはおいしいアプリ」「可愛い子も けっこういるので、メッセ(メッセージ)を出しまくって下さい」と紹介されている。

 

 

それほど、ぎゃるるは出会いやすいというわけなんですね。

 

g3

 

ただ位置情報がばれていると言うことは、ストーカーとかの被害も増えるかもしてませんね。

 

ぎゃるるの迷惑メールを紹介

 

ぎゃるるに見知らぬ異性から「あなたに4000万円をあげたい」というメールが届いたことがないだろうか。

これは迷惑メールである。

 

最近では「Returned mail」とのタイトルで「送信先が送信を受ける状態ではない」と、

再度送信をやり直すように促すメールが届く。

 

詳細を見ようとメールのURLをクリックすると、アクセスしただけで不正プログラムがダウンロードされて、見知らぬサイトに自動登録してしまう場合もある。

ので気をつけなければならない。

 

被害に遭うのは、サイト側の用意したサクラの女性に出会おうと、有料メールを何度も送る下心を抱いた男性だと思われがちだが、それはひと昔前の話だ。

 

今や全国の消費者センターに寄せられる被害相談は、男性よりも女性からの方が多い。

 

悪徳サイト業者は、女性がクリックしそうな罠をネット上に張り巡らせる。

 

たとえば、懸賞サイトを装い賞品が当たったので受け取りの手続きを取るようにと、メールアドレスを入力させ悪徳な出会い系サイトに登録させる。

 

また芸能人マネジャーを騙り「担当のタレントが今、悩んでいる。

 

あなたに相談にのってほしい」とフェイスブックなどを通じてメッセージを送りサイトに誘導する。

 

しかも誘導先が出会い系だと気付かせないようなSNSを装う作りにしている。

 

中には、相手が本物の芸能人だと信じきってメールをする人も多い。

 

以前に、ラジオ番組で妻が出会い系で多額のお金を使ってしまったという夫からの投稿があった。

 

その時、サイト側が用意したサクラの男性は「病気で余命があとわずか」と嘘を言い、この女性の同情心につけいりながらメールを送っていた。

 

女性の場合、男性よりもメール使用頻度が高いために、どうしても被害金額も大きくなる傾向がある。

 

その他にもスマートフォンで、小説アプリサイトの閲覧の為に登録したら、そこが悪徳出会い系サイトでお金を請求された例もあり、誰もが騙されてしまう可能性があるのだ。

 

今や家族全員が携帯電話やパソコンを持つ時代、ネットという匿名の世界では簡単に嘘がまかり通ってしまうことを心しておきたい。

 

ぎゃるるもまれにこういった悪徳出会い系サイトに登録するメッセージをおくるやつがいるので注意しよう!

 

ぎゃるるでなかなか出会えない人へ

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ